コープランドサイトメニューコープランドTOPページコープランド会社概要お問い合わせプライバシーポリシー

不動産の売却不動産の購入不動産査定不動産情報キャンペーン情報 仲介手数料割引不動産売買よくある質問不動産 税金ミニ知識月極駐車場不動産用語リンク

不動産用語 コープランド
Home>不動産用語>「に」


2項道路/にこうどうろ


建築基準法42条第2項に定められていることから、一般的に「2項道路」と呼ばれており、みなし道路ともいいます。建築基準法では、原則として幅員が4m以上ないと道路として認められませんが、幅員4m未満でも、建築基準法施行前から使われていた既存道路で、かつ特定行政庁が道路として指定したものは建築基準法上の道路とみなされます。 この2項道路に接した敷地に建築物を建築する場合には、道路の中心線から2m後退したところに道路境界線があるとみなされるため、セットバックすることになります。但し、平成4年の法改正により、 特定行政庁が指定する区域内においては原則として幅員6m以上が道路として取り扱われることになっており、 この6m区域指定を受けた場合には、道路の中心線から3m(避難や通行の安全に支障がない場合2m)が道路境界線とみなされます。また、道路の片側が河川や崖等の場合には、それらの境界線から4m後退したところが道路境界線とみなされます。

 

 


TOPページ不動産の売却売却の相談査定のご依頼売却の際の諸費用売却の流れ不動産の購入購入物件リクエスト購入の際の諸費用購入の流れ売買物件情報土地中古住宅・マンション事業用不動産不動産投資仲介手数料割引Q&A税金ミニ知識管理駐車場不動産用語会社概要お問い合わせプライバシーポリシー不動産に便利なリンクサイトマップ サイトマップ 会社案内 コープランドTOP

 

愛知,名古屋の不動産,仲介,物件情報,売却,購入,査定ならコープランド

 

 

 

不動産情報 査定 売却 名古屋のコープランド