事業用不動産の査定・売却

事業用不動産(事務所・店舗・工場・倉庫・ホテル等)の査定・売却

査定・売却対応エリア

名古屋市、長久手市、北名古屋市、日進市、春日井市、みよし市、清須市、稲沢市、一宮市、江南市、犬山市、東海市、大府市、刈谷市、知立市、安城市、尾張旭市など愛知県内、岐阜県南部(岐阜市、各務原市、羽島市など)、三重県北部(桑名市、四日市市など)以外のエリアでもご相談ください。 査定・売却対エリア

事業用不動産の査定ポイント

事業用不動産(事務所、店舗、倉庫、工場、ホテル等)の査定の際には以下のポイントを調査し適正な査定価格を提示します。 事業用不動産査定
  • 土地(面積、間口、形状、地盤、ハザード情報など)
  • 建物(構造、築年数、床面積、設備、改修履歴など)
  • 立地条件(駅・ICからの距離、交通量、周辺人口動態など)
  • 周辺施設(近隣店舗、教育、文化施設の状況など)
  • 各種法令(建築基準法、都市計画法、条例など)
  • 法令点検の実施状況(消防、昇降機、水道、ビル衛生など)
  • 直近の売上・稼働状況(店舗・ホテルなど)
  • 近傍類似条件の物件売買事例

査定・売却のご依頼はこちら

事業用不動産 売却前の確認

事業用不動産(事務所、店舗、倉庫、工場、ホテル等)の売却をする場合、居住用不動産(戸建、マンション等)と比べて売却先を見つける活動にも時間を要しますが、売却先が決まってからも準備(取引先への移転告知、既に決まっている予約・取引、委託契約先などの解約予告期間など)に時間を要することが多いです。事業用不動産の売却をスムーズに行うために下記の項目をチェックしておきましょう。 事業用不動産売却前の確認
  • 売却希望価格(土地・建物の内訳)
  • 売却の希望(可能)時期
  • 銀行の借入残高(抵当権等の設定がある場合)
  • 建物の図面、土地測量図、法定点検実施記録、改修工事履歴
  • 土地建物取得時の契約書、重要事項説明書
  • 土地建物にかかる固定資産税・都市計画額
  • 現在の稼働・売上状況(店舗、ホテル等の場合)
  • 土地建物にかかる支出(締結中の委託契約、保険など)
  • 設備の内、残置するものと搬出するもの
  • 物件の長所(設備、稼働状況、修繕履歴など)
  • 物件の短所(不具合箇所、土壌汚染、事件・事故など)
不動産売却の流れ 不動産売却の際の諸経費
不動産が早く高く売れる理由 まずは無料査定から