不動産売却の流れ

不動産の売買取引は普通の方なら一生のうちにそう多くは経験しないものと思います。お客様の大切な資産を売却する上で、売却されるまでの流れをきちんと理解することが大切です。不動産売却に際の一般的な流れをご紹介します。

1.売却理由や希望条件を整理する

まずは売却の理由や目的を整理します。なぜ不動産を売却するのか、本当に売却する必要があるのか(賃貸やリフォーム、建替などの選択肢)、まとまった資金が必要なためなのか、いついくらぐらいで売却したいのか、など目的を明確にしておくことが重要です。 売却理由・売却条件の確認

 

2.売却の相談・査定を依頼する

いくらくらいで売れるのか?経費はどれくらい必要か?等の疑問や早急に売却したい、ご近所に知られたくない等のご事情やご希望売却価格などご相談下さい。この段階では概要のご説明をさせて頂きます。 土地や建物、周辺環境などの現地調査や周辺相場、路線価や地価公示などの公的指標を含めた総合的な観点より査定価格を早急に算出いたします。当社では査定は無料です。 不動産の査定

 

3.売却価格の決定・媒介契約

売却に必要な書類の確認をし、諸費用、税金などの金額を提示させて頂きます。お客様のご希望条件を確認の上、売却価格を決定します。 お客様と当社とで媒介契約を締結します。この媒介契約によって正式に売却の依頼を承ったことになります。媒介契約には、「専属専任」、「専任」、「一般」の3種類の形態があります。 売却価格の決定・媒介契約

 

4.売却活動

当社独自の営業ネットワーク、ホームページ、広告、指定流通機構レインズへの登録等により幅広く購入希望者を募ります。売却活動の状況はお客様にご報告いたします。 売却活動

 

5.売買条件の最終確認

購入希望者がみつかりましたら、購入申込書を受け取り、売買条件、引渡し時期などの確認をします。抵当権の設定がある場合には抵当権者との確認や、建物のある物件の場合には設備状況の確認をし重要事項説明書、売買契約書の作成準備をします。 売買条件の最終確認

 

6.売買契約

売買契約を締結します。売買契約時には手付金として一般的に売買金額の5%~10%程度を受領します。契約条件によっては土地の測量や建物の解体工事など着手することとなります。 ※この時点で仲介手数料の半金をお支払いいただくケースがあります。 売買契約締結

 

7.残金受領・物件引き渡し

契約内容に基づく必要書類の提出と同時に契約残金・固定資産資産税日割精算金等を受領します。 また売却に伴う諸費用(登記移転費用)、仲介手数料(残金)、測量費用解体費用(あった場合)の支払いをします。これで売却は全て完了となります。 残金受領・物件引き渡し
不動産売却の際の諸経費 不動産が早く高く売れる理由
不動産売却成功のポイント まずは無料査定から